現地時間12月11日(スペイン)、今シーズン第二戦目となるBWWT(ビッグウェイブ・ワールドツアー)イベント「プンタ・ガレア・チャレンジ」が開催されました。後半戦となる北半球でのイベントとしては一発目ですね。

今シーズンからASPの一環として開催されるようになったBWWTは、前半戦となった南半球シーズンでは、3つのイベントが開催予定となっていましたが、規定サイズの波にあまり恵まれなかったため、一つのイベントしか開催されなかったので、今回のイベントが二戦目となりました。

ファイナリストに名を連ねたサーファーは、ニック・ラム(アメリカ)、マクア・ロスマン(ハワイ)、ネイザン・フレッチャー(アメリカ)、ガブリエル・ヴィジャラン(ペルー)、ナチョ・ゴンザレス(スペイン)、パトリック・グダスカス(アメリカ)の6名。

ファイナルの展開は、30~40ftの波が押し寄せる中、ニックがいち早く9.77、そしてバックアップスコアとして7.00をマークしてリード。しかし、BWWT第一戦を制したマクアが9ポイント台を二本揃えて逆転。そうなると、ほぼ満点に近いスコアを出せなければさらなる逆転は厳しい状況に追い詰められたニックが、まさかのパーフェクト10ライドを決め、優勝を果たしました。

興味深かったのはスコアの付け方。ショートボードのワールドツアーなどでは、一本10点満点の採点で、ベストとなる二本のスコアの合計で得点が決まります。つまり、最高得点は20点満点。一方、BWWTはトータル30点満点ですが、3本のスコアの合計を競うのではなく、シングルベストスコア×2にバックアップスコアを足した合計がトータルスコアとなります。

ファイナルのニックのスコアを例に挙げると、ニックのベストスコアはパーフェクト10、二本目にハイスコアとなったのは9.77。そのため、10ポイント×2と9.77を足して、合計29.77ポイントです。どういった意図で、このような採点方式となったのか気になります。

今回の結果を受け、BWWTツアーランクトップを走るのは第一戦で優勝、今回の第二戦で準優勝のマクア・ロスマン。この二戦での獲得賞金は、24,000ドルとなっています。賞金の低さには、結構驚きました。まだまだ、ビッグウェイブサーフィンはアンダーグランドなんですね。

今回お届けする動画は順に、ファイナルのハイライト映像、ニックのパーフェクト10映像、ワイプアウト映像となります。

コンテスト結果:

ファイナル;
1- Nick Lamb (USA) 29.77
2- Makuakai Rothman (HAW) 28.60
3- Nathan Fletcher (USA) 25.67
4- Gabriel Villaran (PER) 23.69
5- Natxo Gonzalez (EUK) 16.00
6- Patrick Gudauskas (USA) 8.00

セミファイナル;
SF 1: Natxo Gonzalez (EUK) 19.33, Patrick Gudauskas (USA) 26.37, Gabriel Villaran (PER) 16.19, Kohl Christensen (HAW) 14.53, Greg Long (USA) 11.34, Ken Collins (USA) 3.66

SF 2: Nathan Fletcher (USA) 24.99, Makuakai Rothman (HAW) 22.27, Nic Lamb (USA) 21.21, Shawn Dollar (USA) 19.17, Will Skudin (USA) 12.00, Adur Letamendia (EUK) 0.00

ラウンド1;
Heat 1: Ken Collins (USA) 16.50, Gabriel Villaran (PER) 16.36, Greg Long (USA) 13.84, Tyler Fox (USA) 9.34, David Bustamente (EUK) 1.66, Jaime Fernandez (EUK) 0.00

Heat 2: Kohl Christensen (HAW) 22.50, Pat Gudauskas (USA) 21.51, Natxo Gonzalez (EUK) 13.00, Aritza Saratxaga (EUK) 12.66, Jamie Mitchell (AUS) 7.86, Grant Baker (ZAF) 0.00
Heat 3: Nic Lamb (USA) 26.69, Nathan Fletcher (USA) 19.37, Adur Letamendia (EUK) 18.27, Anthony Tashnick (USA) 13.49, Jon Garay (EUK) 11.34, Joao De Macedo (PRT) 4.14

Heat 4: Shawn Dollar (USA) 22.83, Makua Rothman (HAW) 16.80, Will Skudin (USA) 14.26, Grant Washburn (USA) 12.61, Indar Unanue (EUK) 10.84, Ramon Navarro (CHL) 6.66


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事