ジョニー・ボーイ・ゴメス

ジョニー・ボーイ・ゴメス Photo: Divine/A-Frame

WCT最終イベントのパイプマスターズで盛り上がる中、1997年にパイプマスターズで優勝したパイプマスターが暴行事件を起こすという残念なニュースが入りました。

今回の記事は、元パイプマスターのジョニー・ボーイ・ゴメス(50歳)が、ハワイのワイキキで起こした暴行事件についてお伝えします。


スポンサーリンク

30代以上のサーファーであれば、ジョニー・ボーイ・ゴメスの名前を聞いた事があるのではないでしょうか。ノースショアにおけるサーフシーンのレジェンドですよね。

パイプマスターズのトライアルでワイルドカードを獲得し、そのまま本戦で優勝した3名のハワイアンローカルの一人です。ちなみに、残り2名はジェイミー・オブライエンとブルース・アイアンズ。

ホノルル警察によると、ジョニーが事故を起こしたのは12月3日(木曜)のこと。ワイキキでサーフィンしていたジョニーは、ラインナップで56歳のサーファーと口論になったと言います。

次第に口論はエスカレートしていき、ジョニーは相手にパンチを喰らわせ、さらには海に頭を沈めたというのです。その後、ジョニーは現場から逃走したものの、翌日に逮捕されたとのこと。

当初、警察は殺人未遂の容疑を課せましたが、後に暴行罪へと減刑され、ジョニーは2,000ドルの保釈金を払って釈放されたそうです。

実はジョニー、1991年にはASP(WSLの前身団体)イベントで対戦相手を殴り、1,000ドルの罰金をASPに払った事があります。また、1999年にはノースショアのチャンズリーフで暴行罪を犯しているのです。

どのような経緯があったのかは分かりませんが、過去にパイプマスターとなったレジェンドサーファーが、パイプマスターズの開催期間に暴力沙汰のニュースで話題になるのは、非常に残念に思います。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事