サーフィンでよく使われる文章の一つである「You should've been here yesterday」。サーフトリップなどではありがちですが、「昨日まで波が良かったのに!」と言う意味合いで使われます。

そんなシチュエーションが当てはまる今年のパイプマスターズ。ウェイティングピリオド初日の12月8日は、前日までのスウェルが残ると言われていましたが、予想に反して大幅なサイズダウンとなってしまったので…。

今回の動画は、8日の週におけるオアフ島(ハワイ)ノースショアでのトッププロのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク


8日以降はスモールコンディションとなり、レイデイ(Layday:コンテストのオフ日)続きとなったパイプマスターズ。そのため、今回の動画は8日以前に撮影された映像だと思います。

出演しているサーファーは、デーン・レイノルズ、ヤゴ・ドラ、フィリペ・トレド、ライアン・カリナン、ジョーディ・スミス、コナー・コフィン、イタロ・フェレイラ、ガブリエル・メディナなど。

エアリアルやバレルと何でもありなトッププロによるフリーサーフ動画。パイプマスターズのウェイティングピリオド前までは、こんなリッパブルなコンディションが続いていたというのも皮肉です…。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事