blank

Photo: The Telegraph

オーストラリアのゴールドコースト近辺では、最もスウェルに反応しやすいサーフスポットとして人気のDバー(デュランバー)。

ゴールドコーストで開幕となるワールドツアー初戦のバックアップ会場でもあるDバーは、メイン会場のスナッパーロックスの波が小さい時には、ワールドツアーサーファーが練習するスポットとしても有名。

今回の記事は、今週前半にDバーで発生したとても珍しい事故!?の映像をお届けします。


スポンサーリンク


すでにワールドツアーサーファーの中には、Dバーでのライディング写真などをSNSで公開しています。そんなDバーで発生したのが、イルカとサーファーの衝突。

イルカと一緒にサーフィンすることに憧れる方もいるかもしれません。通常、イルカはかなりサーファーに接近しても、しっかりと避けてくれますし。しかし、この日ばかりは…。

事故の顛末は以下の通り。被害者となったサム・ユーンは波待ちしていました。そんな時、一頭のイルカがサムの方向へと一直線にフライング。

「あのイルカも飛んでる時にマズいって気付いて、どうにかしようと思ってたはず。でも、僕からしてみれば、終わったって状況だったよ」。

イルカからボディスラムを喰らうというレアな経験をしたサム。幸いにも大怪我に至ることはなく、そのままDバーでサーフィンを続けたそうです(笑)。

非常に珍しい接触事故であることを裏付けるよう、撮影者も思わず「ああ、体当たりしたよ!マジか!」と漏らしています…。

参照記事:「Video: Surfer's hilarious reaction as he watches video of himself being body slammed by dolphin on Gold Coast

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事