via Laurie Towner's instagram

2019年5月2日に開催予定となっているビッグウェイブサーファー最大級の祭典「WSLビッグウェイブアワード」。

つい先日、ほぼ全ての部門のノミネートサーファーとライディング映像が紹介されたのですが、ノミネートに関して物議が。

物議の発端となったのは、アルビー・レイヤ、そしてローリー・タウナーのSNS投稿です。

今回の記事は、ビッグウェイブアワードの選考について過熱している議論の論点や理由に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


今回の議論のきっかっけとなったのは、ご存知サーフィン界のご意見番と言えるアルビー・レイヤー。

View this post on Instagram

@wsl @wslbigwave award nominations are in haha. Every year I think it’ll be different and I end up feeling just like Dwight above. Taking nothing away from any of the surfers nominated, they are all the best of best obviously but in my opinion falling shouldn’t count and towing shouldn’t be compared to paddling. I can’t believe @biancavalenti and @nicvonrupp waves were no where (as well as a few others and also mine haha). I swear this needs to change, just for the longevity of our sport as a whole. We should encourage the next generation to SURF big waves not survive them. It’s a weird thing to tell the next generation that it’s okay to fall in life threatening situations. Just one persons thoughts on a subjective sport, if I offended you just take comfort in knowing I’m pouting from a hospital in a land locked state and won’t be winning any awards. But also deal with it cause I’m going nowhere 🤗

Albee Layerさん(@live.fast.die.old)がシェアした投稿 -

アルビーが指摘しているのはビッグウェイブアワードにおいて最も名誉ある部門「Ride of the Year」。

同部門において、「メイクしていないライディング」と「トウイン(ジェットスキーに牽引してもらって波に乗るスタイル)」が含まれるのはどうかなといった点。

そもそもの話として、トウインはパドルインでは乗れないほどのサイズの波がメインとなるので、同じ土俵に置いて優劣を付けるのは無理があるということです。

もう一つ、「メイクしていないライディング」がノミネートされるのもおかしいという意見は理にかなっていると思います。

例えば、ビッグウェイブのギネス世界記録の場合、どれほど大きな波に乗ったとしても、途中でワイプアウトしたライディングは対象外となります。

そのギネス記録の判定については各専門分野の運営組織が大きくかかわっていて、サーフィンにおいてはビッグウェイブアワードを主催するWSL(ワールドサーフリーグ)も然り。

アルビーがこの点を考慮に発言したのかは分かりませんが、個人的には記録に関して「ライディングのメイク」に賛同しているはずのWSLなので、ビッグウェイブアワードのノミネートは少し不自然にも感じます。

ちなみに、今年の「Ride of the Year」部門ノミネート5作品において、アルビーが指摘しているポイントをパスしているサーファーはナチョ・ゴンザレスただ一人です。

ラモン・ナヴァロのクラウドブレイクのライディングは、ライディング動画だけでは分かりづらいのですがトウインです。半端じゃないライディングではあるのですが。

アルビーに続いて口火を切ったのは、ノースポンサーながら世界トップレベルのビッグウェイブサーファーと言われるローリー・タウナー。

View this post on Instagram

I feel for the surfers who have to keep the corporate wankers happy. I’m a bit bummed but in some way happy this wave didn’t make the top 5 nominees for @wsl @wslbigwave awards. After surfer mag didn’t put this wave in their top 5 for barrels of the year beaten by 3 foot skeleton bay waves and a few others (if had the chance I wouldn’t swap all 5 waves chosen in surfer awards for this one haha) I knew there was no way this wave would make the top 5 big wave award nominations because of corporate bull shit! Whats the surf industry going to get out of Laurie Towner. The reason I’m some what happy is because all my life I though it would be amazing to have a ride of the year next to my name. I now know it’s a meaningless award chosen by kooks with no idea who play the cards of surfers careers. Winning awards would be in some big wave surfers contracts, it use to be in mine and it truely sucks for the surfers trying to make a career out of riding big waves, lucky for me it means nothing now. Although the money would of been nice if I made the top 5 it reassures me I want nothing to do with winning awards, I will never enter a wave again if I’m to ride another bomb, which I will. This wave is MY ride of the year, maybe my ride of my life and no one can take that from me. Maybe I’m being biased you tell me? I wouldn’t change this wave for anyone else’s wave this year if had the chance even if you were to give me 50g on top, there is no better feeling than to successfully paddle a big scary draining wave safely to the channel. To all the up and coming big wave surfers Fuck the big wave awards, do it for yourself no one else! Sorry If I’m being negative Im not the only one who feels a little hard done by in this years nomination there is a hand full of terrible decisions. I just want what’s best for the future of young big wave surfers and this needs to be fixed! honestly @wsl get tow waves out of ride of the year! You shouldnt be helped by a jet ski it’s also hard to think an unmade wave can be ride of the year. Well @granttwigbaker wave might be an exception haha Also sorry for the novel 😬

Laurie Townerさん(@laurietowner)がシェアした投稿 -

ローリーは昨年、クラウドブレイク(フィジー)でトップビッグウェイブサーファーをも唸らせるビッグバレルを、パドルインで乗ってメイク。

しかし、そのライディングは2018年サーファーアワードのベストバレル部門にノミネートすらされないばかりか、今回のビッグウェイブアワードにも選出されず。

その理由として、ローリーはサーフ業界の政治力を指摘。また、ローリーはアルビーの意見にも賛同の異を唱えています。

二人の意見は一見するとネガティブなようにも聞こえますが、未来のビッグウェイブサーファーのため、真っ当なシステムへと修正したいとの思いだそうです。

今回の件において、特にローリーの投稿に対するコメントが盛り上がっていて、ローリーのライディングを称賛するビッグウェイブサーファーの声が多数見受けられます。

ローリーに賛同した数々のビッグウェイブサーファーの声をWSLが反映するならば、まだ発表されていない「Best Overall Performance of the Year」部門にローリーが選ばれる可能性もあります。

その点も踏まえ、5月2日のビッグウェイブアワードのライブ中継を楽しみにしたいところです。

WSLビッグウェイブアワードの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事