ビッグウェイブシーンにおいて欠かすことのできない存在となったオーストラリア出身のラッセル・ビールキ「Russell Bierke」(20歳)。

パドルインやトウインと問わず、スラブ(slab:底ボレするバレル)系のビッグバレルを追求するサーファーです。

今回の動画は、ラッセル・ビールキがアイルランドをトリップした映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回のトリップが初ヨーロッパであり、初アイルランドというラッセル。トリップが決行されたのは今年の3月ということです。

ラッセルのメインスポンサーであるオニールチームのトリップということで、ラッセル以外にもオニールライダーが出演しています。

見所は動画後半のセッション。チョープー(タヒチ)のようなホレ上がる波、ケープフィア(アワーズ)のようにインサイドの岩棚近くでブレイクするセットアップ。

サーフィンしちゃいけないでしょ!?といった感じのシチュエーションであることから、ラッセル以外のチームライダーはさほど気乗りしていない様子も…。

そんな状況にも関わらず、ラストではローカルたちをストークさせるほどのバレルをメイクしてしまうラッセル。必見です!

ラッセル・ビールキの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事