ワールドツアー引退後も注目度が高い3×ワールドチャンピオンのミック・ファニング「Mick Fanning」(37歳)。

そのミックが主演した新作サーフムービー「Stab in the Dark」が話題に。

今回の動画は、ミック・ファニングが新作ムービーで使用していたリップカールの「サーチGPS2」で測定されたデータ映像をお届けします。


スポンサーリンク


「Stab in the Dark」とは、ライダーは誰がシェイプしたのか分からないサーフボードをテストライドし、最も調子の良かったボードを選ぶと言う企画。

過去には、ジュリアン・ウィルソンデーン・レイノルズジョーディ・スミスをフィーチャーして行われた人気企画です。

同企画にツアーを引退したばかりのミックが参戦し、日本を舞台に行われたのが最新作となります。

どれほど注目されているかと言うと、ミックの母国オーストラリアでは午前中のワイドショーに出演しているほどです。

ちなみに、スタブ誌による企画ということで名付けられた「Stab in the Dark」というタイトルが「暗闇で一刺し」といった意味に取れるのでいじられてます(笑)。

さて、そんな注目作品の予告編がこちら。

現時点において同作品はワールドプレミア試写会が行われていて、試写会終了後はこれまでと異なり、有料販売になるそうです。

ただ、スタブ誌は以前にデーン・レイノルズをフィーチャーしたオルタナボード企画も有料販売しましたが、ものの数か月で無料配信をスタートさせた過去があるので、すぐに購入するべきなのかは難しいところ。

話は脱線しましたが、今回の動画はリップカールが昨年2018年後半にリリースした「サーフGPS2」でのサーフィン中のライディングデータ計測値を表示させていて非常に興味深いです。

個人的には、海の波は全てが同じではないので、同一条件となるウェイブプールの波で、各ボードのトップスピードなどを計測したら面白いのではないかと思います。

-----

ミック・ファニングの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事