現在、市場には様々なモデルのフィンが販売されています。

ただ、あまりにも種類が豊富すぎて、実際に自分のサーフィンに合ったフィンがどれなのか判断するのは難しいところ。

そこで、FCSからリリースされている4種類のフィンをイギリス人サーファーがテスト。

今回の動画は、サム・ラミロイによるフィンのテストライド映像をお届けします。


スポンサーリンク


イギリスで10×国内チャンピオンという記録を持つサム。そんなサムがフィンのテストライドを行う今回の動画。

サム自身の体形は、身長180センチ体重85キロ。使用しているサーフボードのスペックは、「6'0.5 x 19 7/16 x 2.5:30.5リッター 」。

テストしたフィン、そしてサムによる感想は以下となります。

Mick Fanning Neo Carbon

普段はミディアムサイズを使っているものの、今回テストしたのはラージサイズ。100%ファイバーグラスのフィンよりもフレックスするものの、十分な硬さはあるとのこと。

サムお勧めのコンディションは、ポイントブレイクでのビッグサイズ。フィンアウトが少しトリッキーであるものの、それだけフィンがフェイスに引っ掛かっているということなので、ビッグウェイブでのレールゲームに最適だそうです。

Julian Wilson Aircore

サムがテストしたのはミディアムサイズ。テストしたフィンの中では、最も硬いフィンだったとのこと。

硬いと言うことはしなりづらく反応がとても良いと言うことで、ハイパフォーマンスサーフィンを求めるサーファーに最適だそうです。

ただし、シビアに反応してしまうことから、ハイパフォーマンス志向ではなく、フィンに少し遊びを求めるサーファーならば、もう少し柔らかいフィンの方が合っているとのこと。

Reactor Performance Core (PC)

サムがテストしたのはミディアムサイズ。このフィンはベースと表面のエリアが最も小さいとのこと。

面積が狭くなることで、ドライブやスピードは軽減されるとのことですが、特にジャンクコンディションなんかでサーフボードの動きを軽快にしてくれるとか。

また、フィンが小さい利点として、タイトなターンなんかに向いているとのこと。

Performer Performance Core (PC)

サムがテストしたのはラージサイズ。普段からサムが使用しているフィンがこのパフォーマーですが、サイズはミディアムとのこと。

このフィンはレールゲームに加え、フィンアウト系のアクションにも最適とのことで、日常使いに抜群なフィンとのこと。

-----

参照記事「WHAT FINS SHOULD YOU SURF?

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事