ブラジル出身のウィゴリー・ダンタス「Wiggolly Dantas」(25歳)。従来のブラジリアンサーファーと異なり、ラインの太いパワフルなサーフィンで魅せるイメージが強いサーファーです。そのため、特に強いのがビッグサーフといったコンディション。

ウィゴリーが注目を集めるきっかけとなったのはオアフ島ノースショアのパイプライン。2006年にパイプラインで開催されたモンスターエナジー・プロでは、10フィート近くのビッグウェイブが押し寄せるコンディションの中、クオーターファイナル進出を果たしました。

ローカルハワイアンが大勢参加したコンテストにおいて、当時16歳のブラジリアンサーファーとしては快挙と言えますね。しかも、その時の結果が偶然ではないと証明したのが昨年2014年度ボルコム・パイプ・プロ

ファイナルまで進出したウィゴリーは、勢いそのままに2位という結果を残したのです。ちなみに、優勝は11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター。出場者もそうそうたる面々だったので、いかに素晴らしい結果であったのか分かりますね。

今回の動画は、そんなウィゴリーのサーフ映像となります。ブラジリアンサーファーとしては、少し遅いツアー入りではありますが、その分、成熟したスタイルを持つウィゴリー。チョープーやパイプラインといったヘビーウォーターで開催されるツアーイベントでは、注目のサーファーとなることは間違いないでしょうね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事