11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(48歳)によるサーフボードブランド「スレーターデザインズ」。

そのスレーターデザインから新たなサーフボードモデルがリリースされることに。

今モデルのデザインを手掛けたのは、先日他界したベン・アイパの息子であるアキラ・アイパ。

今回の記事は、スレーターデザインズの新モデル「Flat Earth(フラットアース)」に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ケリー本人が今なおワールドツアーで戦う現役CTサーファーであることから、比較的パフォーマンスモデルが多いスレーターデザインズ。

そんなスレーターデザインズから新たにリリースされたフラットアースは、波のサイズによってはセンターフィン無しのツインフィン使用も推奨しているので一般サーファー向けといった感じに思えます。

推奨している波のサイズは踝~オーバーヘッドで、ボード性能が最も発揮できるのは胸~頭サイズとのこと。

大半のサーフエリアにおける平均サイズを網羅しているということで、オールラウンドなゴートゥーボードといった位置付けですね。

フィンセッティングの推奨は、サイズが小さい時はルースな乗り味のツインフィン、サイズが上がってきたらホールド力が増すようにトレイラーフィン追加といった感じだそうです。

さて、ケリーとツインフィンという組み合わせは、ここ最近はコンテストシーンでも見られています。

昨年に宮崎で開催されたISAイベントではほぼツインフィンに乗っていたし、昨年末のパイプマスターズのヒート1でも乗っていたのはツインフィン。

ここ数年、モダンフィッシュの人気は年々高まっていて、フィンのセッティングはツインやクアッドとセンターフィン無しのタイプが多いです。

ケリーといった影響力のあるサーファーのブランドからこのようなモデルがリリースされることで、センターフィン無しという選択が今後さらに増えてくるように思えます。

-----

公式サイト「Firewire Surfboards

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事