現在、ハワイがサーフシーズン真っただ中ということで、南半球のインドネシアはオフシーズンのど真ん中といったところ。

そんなインドネシアのニアス島にて、今年2022年初となるファーストスウェルがヒットして、ラグンドゥリベイ特有のライトのパーフェクトバレルがブレイクしたとか。

今回の動画は、1月後半に撮影されたニアスでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


まずはどのような状況だったのか、動画の概要欄に記されたコメントは以下となります。

2022年のファーストスウェルが届いたのは、ニアス島ソラケビーチにて1月26日のこと。

朝は小振りなスローコンディションから始まり、数時間後になるとスウェルが姿を現すようになった。

その日の午後は残念ながら、風の影響が入ったんだけど。

翌27日もなかなかのコンディションは続き、サイズ的にはそれほどではなかったけど、ラグンドゥリベイのファーストスウェルとしては十分素晴らしい波がブレイクした。

MSWによる波のサイズを見ると、26日は3~5フィート、27日は3~4フィートといったサイズで、他の日にちと比べても特別サイズがあったというわけではありません。

つまり、サイズがどうこうと言うよりも、スウェルの向きなどといった条件が良かったのだと思います。

「ファーストスウェル」や「シーズンオープナー」と言った言葉はよく使われますが、一定のサイズ以上などといった規定はなく何となくで使われています。

そのため、「ある程度のサイズのスウェルが入ったんだ~」くらいの感じで受け止めた方が良いでしょう。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事