今シーズンもスウェルに恵まれたと言えるハワイのオアフ島ノースショア。

それだけにノースショアローカルのCTサーファーにとって、従来はツアーがオフシーズンであったハワイシーズンにツアースタートが移行したのは可哀そうではありますが。

コンペティターであれば、ホームのシーズンをじっくり狙う事ができないのは宿命とも言えるのですがね。

今回の動画は、パイプラインが炸裂となった2022年2月26日のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


近年では定番となっているのが、パイプラインがシーズン中に炸裂すると行われる波予報サイト「サーフライン」によるライブ中継。

2月26日もライブ中継は行われて、コメンテーターを据えての本格的なものでした。

動画概要欄に記されたコメントは以下となります。

ここ2カ月ほどノンストップでスウェルがヒットしているオアフ島ノースショア。

新たに北西からのソリッドスウェルがパイプラインのリーフにヒットし、パーフェクトバレルを狙って世界中のベストサーファーが集結。

そこで我々はハワイのボルコムハウスから、デイヴ・ワッセルとロッキー・キャノン、そしてサーフラインの波予報ディレクターを務めるケヴィン・ワリスを迎えてライブ中継を敢行。

2月26日当日のハイライト映像が今回の動画になります。

さて、ノンストップだった過去2か月の波情報をチェックすると、最大サイズとなったのは1月22日の9~15フィートのようです。

一方の動画の舞台となった2月26日はと言うと7~12フィートと十分なサイズがあり、前日の25日がスウェルのピークだったようで9~13フィート。

25日の方がベターそうだったなら25日にライブ中継を行っているはずなので、25日はサイズが大きすぎたのかもしれません。

とにもかくにも、見た目的にはパーフェクトなのですが、簡単に大怪我に繋がっても不思議ではないリスキーなパイプでのビッグバレルをチェックして見て下さい。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事