現CT(チャンピオンシップツアー)ランクトップで、すでにWSLファイナル出場を確定させているフィリペ・トレド「Filipe Toledo」(27歳)。

ガブリエル・メディナが今季ツアーを少し離れた時にも触れましたが、今シーズンにおいて最もワールドタイトル獲得の可能性が高いのはフィリペだと思っています。

今回の動画は、フィリペ・トレドによるエルサルバドルでのCTイベント開催時のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


エルサルバドルでの結果はファイナル進出を果たし、グリフィン・コラピントに敗れたものの準優勝を果たしたフィリペ。

ちなみに、ファイナル進出はGランドイベントに続いての2戦連続となり、準優勝も2戦連続です。

準優勝までの道のりで、フィリペが破ってきたサーファーはラウンド1から順に以下の通り。

*ナット・ヤング
*ブライアン・ペレス
*ヤゴ・ドラ
*カラム・ロブソン
*イタロ・フェレイラ

動画にはフィリペ以外にも出演者がいて、全員ブラジリアンサーファーとなっていて以下の通り。

*ガブリエル・メディナ
*ミゲル・プポ
*サミュエル・プポ
*ジャドソン・アンドレ

今後のCTイベントは残すところ1戦のみで、フィリペにとっては苦手なタヒチのチョープー。

ただし、ポイント的にどんなにチョープーイベントの結果が酷くてもCTランク3位以下に落ちる事はありません。

これまでのフィリペはタイトルレースに絡み始めると、プレッシャーのためか早期敗退の結果続きとなることが多かったのですが、今シーズンはすでにWSLファイナル出場権を得たので問題なし。

ローワーズ(ローワー・トレッスルズ)という得意の舞台で、フィリペが初ワールドタイトルに輝くのか注目ですね。

フィリペ・トレドの今年の過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事