blank

via youtube

コロナ禍は渡航制限に伴い、開催予定であっても急遽キャンセルになったりと世界情勢に左右される形で流動的となっていたコンテストシーン。

そんな中でもWSL(ワールドサーフリーグ)イベント最高峰のワールドツアーは、2021年に半ば強引にスタートさせたものの、その他のイベントの扱いは様々でした。

今回の記事は、長らく振りに復活となるワールドジュニアチャンピオンシップに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ワールドジュニアチャンピオンシップとはその名の通り、ジュニア部門のワールドチャンピオンを決定するイベント。

ワールドジュニアチャンピオンのタイトルを獲得したサーファーは、ワールドツアーへと昇り詰める可能性が極めて高いです。

そんなワールドジュニアチャンピオンシップですが、2019年11月以来、コロナ禍により開催されていませんでした。

ちなみに、ラスト開催の2019年にはウイメンズ部門で都筑有夢路が日本代表として初のジュニアチャンピオンのタイトル獲得と言う偉業を達成。

少しややこしい点として、オリンピック絡みで現在は国籍表記を日本にしている前田マヒナも2014年にジュニアタイトル獲得していますが、当時はハワイ代表だったので、日本初となると都筑になるというわけです。

さて、いよいよ開催が発表された2022年ワールドジュニアチャンピオンシップのイベント期間は2023年1月9~15日。

コロナ前のワールドジュニアは東台湾の金樽漁港が定番となっていましたが、今回の舞台となるのはカリフォルニア州サンディエゴのシーサイドリーフ。

現在のジュニアサーファーの年齢制限は引き上げられ、20歳以下となっています。

ちなみに、コロナ禍でワールドジュニアが開催されなかったものの、リージョナルでのジュニアイベントはあったので、2021年のイベント結果も2022年に引き継がれるとのこと。

出場者数は男女ともに24名で、構成としては7つのWSLリージョンから2名ずつ、WSLワイルドカードが10名。

男女合わせて計48名のジュニアサーファーは、2023年CS(チャレンジャーシリーズ)イベントの出場権を与えられます。

最後に、2022年ワールドジュニアチャンピオンシップの出場予定サーファーは以下となっています。

2022 Women's World Junior Championships Regional Qualifiers

Gemma Hanafey (RSA)
Louise Lepront (RSA)
Anon Matsuoka (JPN)
Nanaho Tsuzuki (JPN)
Ellie Harrison (AUS)
Sierra Kerr (AUS)
Janire Gonzalez Etxabarri (EUK)
Aelan Vaast (FRA)
Puamakamae Desoto (HAW)
Eweleiula Wong (HAW)
Sol Aguirre (PER)
Laura Raupp (BRA)
Sawyer Lindblad (USA)
Rubiana Brownell (USA)

Event Wildcards

Alyssa Spencer (USA)
Sara Wakita (JPN)
Zahli Kelly (AUS)
Luana Silva (BRA)
Kirra Pinkerton (USA)
Erin Brooks (CAN)
Daniella Rosas (PER)
Rachel Presti (DEU)
Francisca Veselko (PRT)
Ella McCaffray (USA)

2022 Men's World Junior Championships Regional Qualifiers

Tide Lee Ireland (RSA)
Luke Thompson (RSA)
Kian Martin (SWE)
Tenshi Iwami (JPN)
Marlon Harrison (AUS)
Lennox Chell (AUS)
Bitor Garitaonandia (EUK)
Noa Dupouy (FRA)
Eli Hanneman (HAW)
Jackson Bunch (HAW)
Cauã Costa (BRA)
Ryan Kainalo (BRA)
Alan Cleland (MEX)
Tommy Coleman (USA)

Event Wildcards

Jett Schilling (USA)
Adur Amatriain (EUK)
Kauli Vaast (FRA)
Kade Matson (USA)
Oscar Berry (AUS)
Brodi Sale (HAW)
Joel Vaughan (AUS)
Taro Watanabe (USA)
Jarvis Earle (AUS)
Levi Slawson (USA)

 

-----

公式サイト「WSL

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事