世界に名だたるレフトスラブのチョープーがあるフレンチポリネシアをホームとするミヒマナ・ブレイ「Mihimana Braye」(27歳)。

もちろんチョープーにおいては主要なローカルサーファーの1人ではあるのですが、同時にミヒマナはワールドツアー入りを目指すコンペティターでもあります。

今回の動画は、過去2年においてミヒマナ・ブレイがスコアしたチョープーでのライディング特集映像をお届けします。


スポンサーリンク


チョープーローカルと言うと、ホームブレイクがスラブ(slab:底ボレするバレル)という特殊な波質。

その影響もあるのか、コンテストと言うよりもフリーサーファーの道を進むケースが多いように思えます。

ですが、近年ではミシェル・ボウレズがCTサーファーとして活躍していたので道筋ははっきりと切り開かれていますね。

ただ、コンテストに専念するとホームでの年に数回のエピックコンディションを逃すのは常。

そんな中で、2021~2022年にCS(チャレンジャーシリーズ)にフル参戦しながら、チョープーにも献身してきたミヒマナ。

ここ2年ほどはチョープーでのサーフィンに一番時間を費やしてきた。

これまでで最大サイズの波を狙ったり、限界をプッシュしながら仲間たちと切磋琢磨してきたんだ。

この動画の波ももちろん凄いんだけど、ベストはまだこれからだね。

半端ではないチャージを繰り返すミヒマナですが、皮肉なことにミヒマナが主戦場とするCSイベントの波とは別物と言う点。

同じサーフィンでありながら、求められるスキルが全く異なるというのも興味深いところです。

ただ、チョープーとは別物のCSイベントで好結果を残してCT(チャンピオンシップツアー)入りすれば、今度はチョープーイベントがあるので、スラブに対応できるスキルが必要。

コンペティターに求められるオールラウンドなスキルは、あまりにも幅が広いと感じずにはいられません。

ミヒマナ・ブレイの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事