blank

Photo: WSL / BRENT BIELMANN

2021年シーズンのCS(チャレンジャーシリーズ)ランクからCT(チャンピオンシップツアー)クオリファイを決めたオーストラリアのリアム・オブライエン「Liam O'Brien」(23歳)。

めでたく2022年シーズンにルーキーイヤーとしてデビューの予定でしたが、ツアー初戦のイベント開催直前に足を骨折し、ツアーデビューは幻となることに。

例年であればリアムのようなケースではインジュリーワイルドカードが与えられますが、ガブリエル・メディナというビッグネームもツアー離脱していたのでワイルドカードはガブリエルへと言う近年まれに見る不運に見舞われたリアム。

でしたが、なんと2022年もCSランクから這い上がり、2年連続でのCTクオリファイを決めることに。

今回の記事は、トラックス誌によるリアム・オブライエンへのインタビュー記事の一部をお届けします。


スポンサーリンク


LOBとのニックネームが付けられている事から、パイプローカルでサーフエンターテイナーのJOBこと、ジェイミー・オブライエンとリンクする方もいるでしょう。

オージーのリアムにハワイアンのジェイミーと違和感があるかもしれませんが、実はジェイミーの父親がオーストラリアのVIC(ヴィクトリア)州出身なのです。

リアムの話に戻すと、今シーズンのリアムについて最大の関心は、CTイベントに出場できなかった点とCSからのリクオリファイに集約されるでしょう。

まずは足の骨折で一切CTイベントに出場できなかった上、インジュリーワイルドカードを与えられなかった点についてから。

怪我をしてすぐにCTイベントでサーフすることはないだろうなって受け入れることができたんだ。

ワイルドカード狙いって気持ちも本当になかったんだよね。

再びCSにフォーカスを切り替えて、リハビリ期間は腐らないようにトレーニングに専念しただけ。

CT入りの夢を叶えて、イベントに出場できなかったことは正直辛くて最悪だったけど。

でも、スポーツにおける怪我は自分でコントロールできるものじゃないから、ポジティブに捉えようと思ってた。

だから、最終的に今年のクオリファイを逃したとしても、ベストを尽くしてCS転戦の最高の1年になったと考えようとしたりね。

リアムのクオリファイが決まったのはCS最終戦のハワイでの事で、その時の状況に関しては以下の通り。

ハワイでのCSイベントで僕がヒートで敗れた後は、CTクオリファイは他のサーファーの結果に委ねられたんだ。

僕の親友のモーガン(シビリック)、ジェイコブ(ウィルコックス)、ディラン(モファット)とかね。

もちろん僕はクオリファイしたいけど、仲間がクオリファイしてくれてもハッピーだから、思ったほどストレスはなかったかな。

僕のクオリファイが決まったのはモーガンの敗退だったから、何とも言えない不思議な心境だった。

最高にテンションが上がるわけでもなかったし、モーガンへの同情みたいな気持ちもあったから。

ビーチでモーガンのヒートを観戦してる時は勝ち上がって欲しかったし、同時に僕もクオリファイしたかったし。

さて、リアムのCTデビューは2022年シーズンの楽しみの一つだっただけに、1ヒートも出場しないでツアーから消えた事実には唖然とさせられました。

そんな苦難を乗り越えて心機一転のツアーデビューとなり、さらには2年連続でのCSからのクオリファイは自信に繋がっているはず。

どのような活躍を見せてくれるのか楽しみな来季CTサーファーの1人ではないでしょうか。

-----

参照記事「LIAM O’BRIEN INTERVIEW: THE HIGHS & LOWS OF 2022

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事