冬になると暴風雨による洪水で、道路が冠水してしまうことも珍しくないと言うカリフォルニア州。

すると、そのチャンスを狙ってストリートに現れるサーファーがいて、彼らは「ストリートサーファー」と呼ばれているとか。

今回の動画は、北カリフォルニアで撮影されたストリートサーファーによるストリートサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ニュースとして取り上げたのは、ベイエリア(サンフランシスコ)のローカルメディア「KRON4」。

同メディアによると、ビーチ付近のリオ・デル・マーの洪水は冬になると定期的に発生しているそうです。

そのタイミングを狙っているのがローカルサーファーで、サンタクルズ郡の保安官が周辺パトロールしていないのを見計らってストリートサーフィンを楽しんでいるとか。

ストリートサーフィンのやり方はシンプルで、車のトウイン用ロープにサーファーが捕まり、ウェイクサーフィンの要領でストリートをライディング。

ただし、車が走っている様子を見ると分かる通り、それほど水深があるわけではないので、転倒した時のリスクはかなり大きいように見えます。

実際のライディングを動画でチェックして見て下さい。

さて、個人的に意外に感じたのは、保安官がパトロールしていないタイミングを計って実行しているとのことで、バレたら注意となるのでしょうか!?

アメリカは自由の国であるため、比較的あらゆる点に寛容であるので、ストリートサーフィン程度は問題ないと思っていたのですが。

ジェイコブ・シークリーのVlogなんかを見ると、空港内で普通にスケートしているくらいですし。

何はともあれ、ストリートサーフィンは「Typical California winter(カリフォルニアの冬の風物詩)」だそうです。

-----

参照記事「Street surfer spotted in Santa Cruz County

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事