ハワイのマウイ島ジョーズと並び、パドルインでのビッグウェイブサーファーがシーズン中に狙っているのが北カリフォルニアのマーヴェリックス。

ハワイにビッグスウェルをもたらす低気圧がその後はカリフォルニアへと向かうので、スウェルハンティングに最適なのも都合が良いのでしょう。

今回の動画は、今季2022/2023年シーズンのマーヴェリックスでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


マーヴェリックスではスポンサー問題などにより、マウイ島ジョーズと違い、長きに渡りリアルコンテストが開催できていません。

その代わりにスタートしたのがビデオコンテストで、今季で3年目となりますね。

そんなマーヴェリックスで12月28日に撮影されたという今回のビッグウェイブセッション動画。

MSWによると28日のビッグスウェルは前日となる27日にピークに達していて、ピーク時のサイズは20~30フィート。

翌28日はサイズが多少落ち、午前9時の時点で16~26フィートとなったものの、風は大幅に弱まったとのことです。

それにしても、テイクオフだけとって見てもヤバいマーヴェリックスで、ビッグバレルまで狙うとはトライしている事の次元がネクストレベルです…。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事