サーフシーズンとなる乾季のインドネシアは、スウェルが大きくなりすぎる事もあり、スウェルを交わすサーフスポット情報が必要となることも。

一方のオフシーズンやショルダーシーズンと呼ばれる雨季になると、今度はスウェルへの反応が良いブレイクが注目を集めます。

今回の動画は、インドネシアのバリ島ヌサドゥアで12月29日に撮影されたフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


インドネシアは、基本的にインド洋をアフリカからオーストラリア大陸へ移動する低気圧がスウェルの発生源。

つまり、南寄りからのスウェルとなるので、バリ島の中で最もスウェルへの反応が良いエリアは最南端のブキット半島となります。

そのブキット半島の中で東部に位置するのが高級リゾートエリアのヌサドゥア。

一昔前までは、雨季でスウェルが小さい時に足を伸ばす定番エリアがヌサドゥアでしたね。

近年では、地理的によりダイレクトにスウェルが入るブキット半島南部に注目が集まっていますが。

とは言ってもヌサドゥアが定番エリアの一つであることには変わらず、一般的な雨季のイメージを覆すような波がブレイクしていたとか。

動画概要欄のコメントは以下の通り。

西寄りの風が強まるまでの午前中、ヌサドゥアではグッドウェイブもブレイクしていた。

ここ数日の波無しから、かなりのサイズアップでクリーンコンディションだった。

参考までに、MSWによる29日の波のサイズは3~5フィートとのこと。

また、動画コメント欄に記されている正確な撮影場所はジェジェールビーチ(Geger Beach)だそうです。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事