年が明けてからと言うもの、前年を振り返るサーフィン動画が増えています。

そんな動画の一つであるのが、今回紹介する2022年のインドネシアにおけるベスト10ウェイブというサーファーなら気になる内容。

インドネシアを好きではないサーファーはいないでしょうから。

今回の動画は、Youtubeチャンネル「Surf Raw Files」が公開した2022年インドネシアのベスト10ウェイブ映像をお届けします。


スポンサーリンク


インドネシアは4~10月が乾季、11~3月が雨季となり、サーフシーズンとなるのはビッグスウェルが発生しやすい乾季。

乾季の中でも最もコンスタントにビッグスウェルが発生しやすい7~8月はピークシーズンとも呼ばれます。

ピークシーズンとなる理由は、スウェルの発生源となる南半球が真冬を迎え、低気圧の活動が活発になるためですね。

そのため、動画の撮影日を見ると最も多いのがピークシーズン、続いてピークシーズン以外の乾季となっています。

フィーチャーされているインドネシアのサーフスポットは、登場順に以下となります。

*ライフルズ(メンタワイ諸島)

*ラグンドゥリベイ(ニアス島)

*ラグンドゥリベイ(ニアス島)

*ベイビーカンドゥイ(メンタワイ諸島)

*バンクヴォルツ(メンタワイ諸島)

*バンクヴォルツ(メンタワイ諸島)

*ウルワツ(バリ島)

*ラグンドゥリベイ(ニアス島)

*デザートポイント(ロンボク島)

 

このベストウェイブという表現は100%誰もが納得することはなく、あくまでも撮影したフィルマー目線によるもの。

ちなみに、上記に記されているサーフスポットはベスト10ではなく、ベスト9となっています。

動画概要欄を見るとメンタワイ諸島のEベイの記載もあるのですが、動画には挿入し忘れたようです(笑)。

最後になりますが、ニアスやメンタワイなんかはスマトラ島沖合に位置しながら「スマトラ」と呼ばれますが、住所の管轄がスマトラに該当するためです。

ニアス島ならば北スマトラ州、メンタワイ諸島ならば西スマトラ州といった感じで、「スマトラ島内」という意味とは異なります。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事