今やプロサーファーにとって定番の撮影エリアとなっているメキシコのサリナクルス。

プエルト・エスコンディードと同じオアハカ州に位置し、ライトハンダーのポイントブレイクの宝庫として知られています。

エリアとしては北半球なのですが、南向き沿岸で南スウェルに反応するためサーフシーズンは南半球のウインターシーズンと言う事で現在はレイトシーズンです。

今回の動画は、今月9月にコンディションが決まった際のサリナクルスでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


サンドボトムのホローウェイブが特徴のサリナクルス。

サリナクルスにはいくつもの岬(ポイント)があり、その岬を回り込むようにスウェルが入ってくるのが特徴です。

プロサーファーの撮影地として定番となっている理由は、サーフスポット近くのサーフキャンプが独占しているブレイクがあり人数制限できる点が大きいのだと思います。

さて、今回は今月炸裂した3日間で撮影した内容との事ですが、サイズアップするとスラブ系のエゲつないホレ方をしているのが強烈です。

五十嵐カノアやジェイク・マーシャルといったサーファーたちが出演しています。