via Surfline

ウェイティングピリオドスタートからコンディションに恵まれると予想されていた今年2018年CTイベント最終戦のパイプマスターズ。

しかし、会場であるオアフ島ノースショアのパイプラインは予想とは異なるコンディションとなり、現時点においてイベントは2日間続けてオフとなっています。

今回の記事は、現在発表されているパイプマスターズの最新波予報をお届けします。


スポンサーリンク


まずは現地時間の12月9日に発表されたウェイティングピリオド2日目のオフに関する発表動画からチェックして下さい。

上記動画でも口にしていますが、日本時間では明日となる現地時間の12月10日の開催確率は「スモールチャンス」と言及しているので、おそらく3日目もオフとなるでしょう。

となると、気になるのは12月11日(火曜)以降の波予報。11日は前日までのスウェルが大きくサイズダウンして、フェイスで4~6フィートの見込み。

現時点においてオープニングデイになると予想されているのは12月12日(水曜)。サイズは午前がフェイスで6~10フィート、午後が8~12フィートの予報で、スウェルの向きと周期はパイプラインに最適とのこと。

翌13日(木曜)はサイズダウンするもののフェイスで6~10フィートあり、コンテスト開催の可能性は十分にありそうとの予想。

ウェイティングピリオド後半になると16~17日は今のところ開催できそうな予報なので、11日にトライアル、12日と16~17日で本戦を終わらせる予定ではないでしょうか。

-----

公式サイト「Billabong Pipe Masters

2018年パイプマスターズ過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事