2011年、ポルトガルにあるビッグウェイブスポット「ナザレ」で78フィートの波に乗り、ギネス記録に認定されたハワイ出身のギャレット・マクナマラ(46歳)。11歳でサーフィンを始めてから虜となり、サーフィンに身を捧げる人生を送っています。波に乗っている時に顔に吹き付ける風が魅力だそうです。

そのギャレットが今回、ドイツの自動車メーカー「メルセデス・ベンツ」と手を組み、トウインサーフに使うギャレット仕様のスペシャルボードを生み出しました。その名も「Silver Arrow of the Seas」。見た目は、近未来的な感じですね。

製造工程は、ビッグウェイブの経験豊富なギャレットからノーズ寄りはフレックスにするなど現状でベストな素材を使う指示を出し、ベンツ側としては自分たちの知識をフルに活用して風の抵抗などを計算し、お互いの知恵を絞りあって最善の物作りに取り組んでいます。

今回のスペシャルボードを使い、ギャレットは自分の限界をプッシュしながら、自己記録の更新を狙っているそうです。ボード自体も異彩を放ちかっこいいですけど、ギャレットほどの年齢になってもさらなる高みを目指す姿勢もかっこいいですね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事