大まかに分けて現在のサーフシーズンとなっているのは南半球。

その南半球の中でも、ビッグスウェルのヒットが注目されるエリアの一つであるのが、ワールドツアーイベント会場でもあるタヒチのチョープー。

ビッグバレルライダーがストライクミッションで狙うサーフデスティネーションですね。

今回の動画は、現在までにおける今季ベストコンディションとなったチョープーでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


結果的には、ほぼパーフェクトと言えるほどのコンディションが数日に渡って続くことになったチョープー。

そのチョープーへとビッグスウェルがヒットするのを狙っていたのは、ハワイアンサーファーのタイラー・ニュートン。

今年のバックドアシュートアウトで優勝したりと、バレルの実力はコンテスト結果が示している通りです。

そんなタイラーを主役としながら、チョープーにおける数々のヘビーローカルによるライディングシーンも収録されている今回の動画。

今回のトリップについて、タイラーが公開したSNS投稿は以下となります。

上記コメントの中で「怖くはなかったよ。笑いながらセットにテイクオフしていたくらいで」とのすさまじい内容も含まれています(笑)。

タイラーが笑顔でチャージしたチョープーの波がどれほどであったのか、動画からチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事