2013年度WCTウイメンズNo.12~17:ニューフェイス一覧

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ウイメンズのツアーサーファーは、前年度のランキングトップ10+ワイルドカード×1+スターイベントのトップ6の17名から成ります。ワイルドカードは、ローラ・エネヴァーと10位タイとなったアラナ・ブランチャードに与えられました。

スターイベントとは、ワールドツアー入りを目指すサーファーにとっては避けては通れないシリーズイベントで、世界中で開催されるイベントに参加し、結果に応じてポイントが与えられ、年度末に最終的なトータルポイントでツアー入りを果たせるのか決定されます。そこで、今回はスターイベントの結果により2014年度のツアーに参加する事となった6名のウイメンズサーファーを紹介します。

ハワイのカウアイ島出身:マリア・マニュアル(20歳)
オーストラリア出身:ディミティ・ストイル(22歳)
ハワイのオアフ島出身:アレッサ・クイゾン(20歳)
オーストラリア出身:ニッキ・ヴァン・ダイク(19歳)
ニュージーランド出身:ペイジ・ハレブ(23歳)
フランス出身:ジョアン・デフェイ(20歳)

上記サーファーの中で、マリアとペイジは2013年度にワールドツアーを回っていて、最終的なツアーランクでトップ10に入ることはできなかったものの、スターイベントの成績により残留が決まりました。残りの4人は新人となります。果たして、4人の新人の中でストームとなりえる存在がいるのか楽しみなところです。今回は、オーストラリア期待の若手であるニッキの動画をお届けします。


スポンサーリンク