• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

若きサーフースターのジョンジョン・フローレンス。パイプラインの正面に建つ家で暮らすジョンジョンは、ビッグバレルではケリー・スレーターを含む世界トップサーファーから実力を認められ、エアーに関しては、昨シーズンにバリ島クラマスで見せたアーリーウープがコンテスト史上最大級のエアーと賛辞を受けたりと、常にメディアから注目されています。

そこで、今回は少し視点を変え、海に入っていない時、ジョンジョンはホームで何をしているのか追った映像となります。密着取材で、まずジョンジョンが向かったのは、スケートパーク。プロのスケーターにもなりたかったと言う、ジョンジョンらしい休日です。そして、スケート以外に持ち歩いているのが、趣味のカメラとなります。

15歳頃に安物のカメラを使って撮影したのがきっかけとなり、絶えずカメラを持ち歩いているそうです。クールだと感じるものを見つけた時、シャッターチャンスを逃さないためとのこと。カメラの魅力は、人それぞれ、同じものであっても見方は異なるため、自分なりの視点で撮影するのが楽しいと言います。

スケートにサーフィンと、アクティブなイメージの強いジョンジョンなので意外な感じもしますが、コンテストでは、あまり興奮した様子を見せない穏やかなジョンジョンらしい趣味とも言えますね。


スポンサーリンク


 

ライフスタイルの関連記事
  • 21Daysボルコム・パイプ・プロ:エピソード2
  • 世界トップレベルのエアー!チッパ・ウィルソンの過去~ライフスタイルのドキュメンタリー動画
  • The Young Professionals チャプター1:レオ&カノア
  • サリー・フィッツギボンズ
    環境が一変!サリー・フィッツギボンズの激動の一年を振り返る
  • ロキシープロ@ゴールドコースト優勝後のステファニー・ギルモアを追ったライフスタイル動画
  • 木製サーフボード作りに没頭するサーファー/シェイパー:ダニー・ヘス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事