A級レベルにしか見えないB級サーフ映像:ライアン・カリナン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州ニューカッスル出身でビラボンライダーのライアン・カリナン(22歳)。今シーズンは、一部のWQSプライムイベントや6スターイベントしか転戦していなく、現WQSランクは53位です。

それほどコンテストに積極的ではない理由は、現在製作中となっているカイ・ネヴィル監督の新作「Cluster」の撮影に力を入れているからなのかもしれません。カイ監督と言えば、サーフムービー界の巨匠テイラー・スティールに引っ張りあげられた人物で、時代を彩るハイパフォーマンスなモダンサーファーを作品に起用するため、ライアンも撮影に全力で向き合っているのでしょう。

今回の動画は、ライアンがカイ監督に新作で使ってもらおうと送った映像の中で、起用されなかったB級映像となります。ちなみに、ライアンが送ったのは6分ほどの映像と言うことですが、カイ監督が気に入ったのは、その中の1分間分だけだそうです。

そこで、お蔵入りとなった映像は、このままだと本当に日の目を浴びることがなくなると思い、それならとウェブクリップとしてアップしたそうです。お蔵入りになるような映像とは思えないレベルですが、カイ監督が求めるレベルはそれだけシビアなんですね。

撮影場所は、オーストラリアのサウスコースト、フォースター、ライアンのホームであるニューカッスル近辺という事です。


スポンサーリンク