ケパアセロ スペイン バスク サン・フアン・デ・ガステルガチェ サンフアンデガステルガチェ

これまでに、西アフリカをロードトリップしたり、南極でサーフしたりと、ハードコアなエリアを攻めるスペイン出身トラベルサーファーのケパ・アセロ「Kepa Acero」。ケパの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ケパ・アセロの過去記事

今回、ケパがサーフしている場所は、母国スペインのバスク地方に位置するサン・フアン・デ・ガステルガチェ教会を背景にするロケーション。今までとは大きく趣向が異なりますね。同教会は、スペイン版万里の長城とも呼ばれ、美しい石畳の道が海へと伸びています。

ドローン(ラジコンヘリ)による空撮は、美しいロケーションを映し出していますが、一点だけ気になるところが。それは、ラインナップのボトムにあります。露骨に海面から突き出たり、波が押し寄せるとフェイスに広がる波紋がありますが、どれもドライリーフ。つまり、ワイプアウトすれば、かなり危険なサーフスポットです。

さすがに、これほどドライリーフがあると、ケパ以外には誰も海にはいませんね。ある意味、これはこれで、相当ハードコアと言えます・・・。ドローンによる撮影道具に関する過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

新たな撮影方法として定着してきた空撮


スポンサーリンク

 

DJI PHANTOM 2 + 3軸ジンバルZenmuse H3-3D フルセット
DJI
売り上げランキング: 25,636

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事