• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

ワールドツアー最終戦を前にして、現ツアーランク18位のカイ・オットン。トップ22までが、翌シーズンへのワールドツアー残留資格を得るので、ボーダーライン上にいますね。

この辺りのランキングのツアーサーファーは、1コケ(ラウンド2敗退)はあまりなく2コケ(ラウンド3敗退)がほとんどで、ラウンド3以上を勝ち上がった結果が1~2回あるというのが、最も多いパターン。つまり、最終戦でラウンド3を勝ち上がれば、大きくランキングが変動するという事になります。

今回の動画は、そんなカイがオーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州で、ウェッジな波でフリーサーフする映像となります。ウェッジと言うと、南カリフォルニアのサーフスポット「ザ・ウェッジ」を連想する方もいるかと思いますが、ウェッジとは波のタイプを示します。

日本語でウェッジは、楔型(V字型)の意味で、波質に当てはめると極端にホレ上がるといった感じです。そして、ザ・ウェッジは、あまりにホレ上がる波質から、そのままサーフスポット名になっています。ザ・ウェッジの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ザ・ウェッジのエンターテイメントウェイブ

ウェッジに憧れたステファン・フィゲイレドの初チャレンジ

ジェイミー・オブライエンによるボードトランスファーの舞台裏

映像を見ると、やはりホレ方が半端じゃないです。テイクオフからしてハードであり、テイクオフをメイクしても、トップアクション後はエアードロップになったりとリカバリーのスキルが求められますね。ただ、こういった波に慣れていれば、バレルの波であっても、比較的余裕を持ってチャージできるようになりそうですね。

カイの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

2013年度WCTメンズno.7:カイ・オットン

ヨーロッパ&オーストラリアWA州でのフリーサーフ:カイ・オットン


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • 勢いに乗るジェシー・メンデスのフリーサーフィン
  • 12年振りにニュージーランドからWCT入りを決めたリカルド・クリスティ
  • ホノルア・ベイ マウイ島 ハワイ
    ドッキリでマウイ島ジョーズ初サーフ後のセス・モニーツが楽しんだホノルアベイ
  • Jベイに対するジョーディ・スミスの思い
  • 若手オージーのカイ・ヒンによるインドネシアやオーストラリアでのフリーサーフ@2016
  • 面白い実験ボードやフィンレスでスピンしまくるアリ・ブラウンのフリー過ぎるサーフ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事