Photo: Four Seasons Resorts Maldives

現地時間2019年8月10日(モルディブ)、北マーレのサルタンを会場とした招待制サーフイベント「Four Seasons Maldives Surfing Champions Trophy(通称:チャンピオンズトロフィー)」が開催。

イベント2日目となった本日はツインフィン部門が開催され、ツインフィン部門を制することになったのは昨年までCT(チャンピオンシップツアー)サーファーであったパーコこと、ジョエル・パーキンソン。

今回の記事は、チャンピオンズトロフィー二日目のイベントレポートとハイライト動画をお届けします。


スポンサーリンク


ツインフィン部門でもファイナル進出を果たしたのは、パーコとジョシュ”カージー”カーという組み合わせ。

この辺りは明らかに経験の差でしょう。昨年のツアー途中で引退を表明してすぐにパーコはツインフィンに乗り始め、カージーは2017年に引退してからツインばかり乗っているので。

ただ、経験で言えばカージーの方がパーコよりもツインフィンに関しては上なのですが、ファイナルではカージーが敗れることに。

その理由については、後ほど紹介するカージーのコメントを読むと納得できます。

まずは、ツインフィン部門を制したパーコのコメントから。

Photo: Four Seasons Resorts Maldives

最高だったね。波はとめどなく入ってくるんだから、夢のようなファイナルだったよ。セットは2本以上入るから、パドルバックしたら順番に波に乗るってだけで。

フォーシーズンズでの滞在も最高。スタッフと言いホスピタリティと言い、どれも贅沢そのもので。将来的には家族ともっとここで時間を過ごしたいね。

今回はパーコにリベンジさせる結果となったカージーのコメントは以下の通り。

Photo: Four Seasons Resorts Maldives

自分のボードに乗りたかったのは間違いないね(セミファイナルでフィンが壊れ、カイ・レニーのボードを借りてファイナルに臨んだため)。

特にファイナルみたいに、あれだけ波のコンディションが良い時には。今回のベストだったし、エピックコンディションだったんだから。

ジョエルがリズムに乗っていたのは明らかだけど、僕は自分用じゃないボードでハードに攻めすぎちゃったのが敗因かな。

まぁ、明日を楽しみにしてるよ。このコンディションが続いてくれれば、最高なフィニッシュを迎えるだろうからね。

次なる部門はラストとなるスラスター。スラスターは、パーコとウィルコ(マット・ウィルキンソン)が強いかなと予想しています。

となると、総合優勝の第一候補はパーコ!?それとも、カージーが意地を見せて今年も優勝となるのか!?どのような結果となるのか楽しみですね。

シングルフィン部門の結果

1. ジョエル・パーキンソン
2. ジョシュ・カー
3. マット・ウィルキンソン
3. カイ・レニー
5. モハメド・ファヤス

チャンピオンズトロフィーのリーダーボード

ジョシュ・カー:1,900ポイント
ジョエル・パーキンソン:1,900ポイント
マット・ウィルキンソン:1,600ポイント
モハメド・ファヤス:1,500ポイント
カイ・レニー:1,500ポイント

公式サイト「Four Seasons Maldives Surfing Champions Trophy

2019年チャンピオンズトロフィーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事