2015年度WSLビッグウェイブアワードのノミネート映像3

シェア(記事を気に入ればお願いします)

前回に引き続き、第三弾の今回。フィーチャーする部門は「XXL Biggest Wave Award」になります。ビッグウェイブアワードの内容については、今シリーズの第一弾に記載しているので、参照して見て下さい。

2015年度WSLビッグウェイブアワードのノミネート映像1

2015年度WSLビッグウェイブアワードのノミネート映像2

今回の部門は、波のサイズだけにフォーカスが当てられるため、パドルだろうが、ジェットスキーを使ったトウインサーフだろうが関係なし。となると、自力でのパドルよりも圧倒的に早く波にエントリーできるトウインサーフが有利になりますね。

ここ数年、トウインサーフ派とパドルサーフ派の色分けがはっきりしてきているので、これまでに紹介してきた部門の顔ぶれやサーフスポットとは、ガラッと変わっているのが分かります。

一つ気になったのが、ギネス世界記録を超えるビッグウェイブに乗ったベンジャミン・サンチスの名前が上がっていない点。ワイプアウトしてしまったのが原因ですかね!?

同部門の賞金は、受賞サーファーが1万ドル、撮影者が4千ドルとなります。ノミネート映像のサーファーとサーフスポットは、下記の通りとなります。


スポンサーリンク


・ロス・クラーク・ジョーンズ/ナザレ(ポルトガル)

・ミック・コルベット/カウ・ボミー(オーストラリアWA州)

・ジャリッド・フォスター/カウ・ボミー(オーストラリアWA州)

・セバスチャン・ステッドナー/ナザレ(ポルトガル)

・ウーゴ・ボー/ナザレ(ポルトガル)


同イベントの昨年のノミネート映像および授賞式の過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードのノミネート映像1

2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードのノミネート映像2

2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードのノミネート映像3

2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードの結果

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)