2015年度「レッドブル・ケープ・フィア」のフォーマットと招待選手

シェア(記事を気に入ればお願いします)

昨年2014年、初開催となった招待制ビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア」。開催地は、オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州シドニーのボタニー湾に位置するケープ・フィア(別名:アワーズ)です。

昨年に引き続き、2年目の開催となる今年のフォーマットや招待サーファーが発表されたので、お伝えします。まず、同イベントのウェイティングピリオドは2015年5月5日~8月1日。この期間内において、ビッグスウェルが入る日に開催されます。

招待サーファーの数は16名。この16名が、マンオンマンで対戦するので、計8ヒート行います。昨年であれば、この8ヒートだけで終了でした。しかし、今年は勝ち上がった中からハイスコアを出したトップ4を選び、セミファイナル、そしてファイナルを行い、優勝者を決めるとのこと。

ヒート時間は1時間あり、30分はパドルイン、残り30分はトウイン(ジェットスキーで牽引)での勝負。ちなみに、昨年は、波が予報ほどサイズアップしなかったため、トウインは行われませんでした。

パドルイン&トウインという異なったスタイルでのヒート展開となるため、一度にラインナップにいるサーファーは4名。つまり、2つのヒートが同時進行することになります。

ジャッジ基準は極めてシンプル。ポイントとなるのは、波のサイズと難易度のみ。簡単に言えば、できるだけ大きなセットに乗り、ディープなバレルをメイクしたサーファーが勝ち上がります。

詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして見て下さい。

公式サイト「Red Bull Cape Fear

・招待サーファー
Mark Mathews
Jamie O’Brien
Ryan Hipwood
Richie Vaculik
Koby Abberton
Evan Faulks
Jesse Polock
Jai Abberton
Ian Walsh
Dean Morrison
Russell Bierke
Mason Ho
Jack Robinson
Makua Rothman
Albee Layer
Kirk Flintoff

昨年2014年の同イベントに関する過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

無事に幕を閉じたビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア」

レッドブル・ケープ・フィアのベストバトル&ベストバレル特集

レッドブル・ケープ・フィアのワイプアウト特集

レッドブル・ケープ・フィアの開催前日セッション


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)