現在、オーストラリアで土曜のお昼にチャンネル9で放送されているテレビ番組「RIVALS(ライバルズ)」。

アラフォー世代の元CT(チャンピオンシップツアー)サーファー11名が出場しているオンラインサーフィンコンテストという内容となっています。

同番組のエピソード5が公開されました。

今回の動画は、セントラルコーストのマイクロこと、グレン・ホール「Glenn Hall」(38歳)が主役となるエピソード5をお届けします。


スポンサーリンク


今や名サーフコーチとして多くのCT(チャンピオンシップツアー)サーファーのコーチを務めているマイクロ。

ニックネームとなっているマイクロはみなさんの予想通り、身長が165センチと小柄であるためです。

そんなマイクロですが、元CTサーファーとしても知られていて、確かアイルランド代表としては初のサーファーだったと記憶しています。

ただし、オーストラリア育ちということで、現在のオリンピック出場のために二重や三重国籍のプロサーファーが国籍表記を変更するのと似た感じでした。

CTサーファーとしてのマイクロは、31歳と遅咲きでのワールドツアー入りを決めることに。

ですが、ルーキーイヤーではフィジーイベントで背中を負傷し、その年のCTイベントは全て欠場することに。

通常であればインジュリーワイルドカードを与えられるのですが、その年はマイクロに与えられないと言う憂き目を見ています。

どうしてもインジュリーワイルドカードはビッグネームが優先され、近年ではケリーにワイルドカードを与えるためにカイオ・イベリが与えられなかったりといったケースと同じですね。

結果的に、マイクロが正式にCTサーファーとして活動したのは2013年と2015年の2年のみで、その後はサーフコーチに転身して才能を開花させることに。

細かく言ってしまえば、2015年の現役CTサーファー時代にマット”ウィルコ”ウィルキンソンのコーチをしていましたが。

正式なコーチとなったマイクロはタイラー・ライトをワールドチャンピオンにし、毎年ツアー残留が危うかったウィルコをCTランク5位へと引き上げた手腕は高く評価されました。

そんなマイクロが、ツアー引退以来、初となるヒートにライバルズで挑みました。

CTサーファーのコーチとしてトップレベルと言われるマイクロがどのようなサーフィンを見せているのかチェックして見て下さい。

-----

RIVALS「投票ページ

ライバルズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事