サーフシーズン入りしてから、しばらく経つ南半球。当ブログでも、先日お届けしたチョープー(タヒチ)でのセッションなど、各エリアでメジャースウェルが到来しているようです。

ミシェル・ボウレズが負傷したアーリーシーズンのチョープーセッション

今回の動画は、レフトハンダーならば世界最長バレルと言われるナミビアのスケルトンベイ(ドンキー・ベイとも呼ばれています)の映像となります。5月31日のセッション映像で、今シーズンのファーストスウェルとのこと。


スポンサーリンク

登場するサーファーは、昨シーズンまでワールドツアーに参戦していたアリッツ・アランブル、スペインのビッグウェイブサーファーであるナチョ・ゴンザレス、スケルトンベイのセッションにはお馴染みのベンジ・ブランドやマット・ブロムリーなど。

昨年は何度となくスケルトンベイの動画をご紹介したので、ナミビアという未開拓のサーフエリアでサーフスポットが発見に至った経緯などについては、過去記事からチェックして見て下さい。

今回の波も、相変わらずなパーフェクトバレルです。もう、間違いのないサーフスポットですね。一般サーファーには、かなりヘビー過ぎるコンディションではありますが。

スケルトンベイの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

世界最長バレルがブレイクするスケルトンベイ発見の思わぬ経緯

2008年に初サーフされたロングバレルのスケルトンベイ:コリー・ロペス

過去最高と噂されるベンジ・ブランドのGoPro映像

ホレ過ぎるロングバレルのスケルトンベイに向かったマット・ブロムリー

コア&アレックスのスミス兄弟が体験したエンドレスバレル

シーズン最後のウインタースウェルがブレイクするスケルトンベイ:デール・ステイプルズ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事