10代サーファーにとって夢の生活を送るスーパーグロム:カイアス・キング

シェア(記事を気に入ればお願いします)

カイアス・キング

大人顔負けのサーフィンの実力を持ち、若くしてその才能を周囲から認められ、数々のスポンサーが付いている若手サーファー。そういった若手の事を、サーフィンやスケートボードといった横乗り系ではグロムorグロメットと呼びます。

グロムの中でも、特に才能豊かな若手サーファーはスーパーグロムと呼ばれたりします。今回の動画は、スーパーグロムの一人であり、バイロンベイ(オーストラリア)出身ボルコム(Volcom)ライダーのカイアス・キング「Kyuss King」(14歳)をフィーチャーした最新映像をお届けします。


スポンサーリンク


14歳でありながら、コンテストや撮影のため、世界中を飛び回っているカイアス。当ブログでも、何度か取り上げていますが、サーフィンの実力はもとより、スター性も兼ね備えています。

そんなカイアスですが、日本で言えば、まだ中学生という年齢。海外トリップの際は、家族揃って出掛けることが多いそうです。動画の2:05~あたりから、家族揃っての映像も出てますね。

家族映像では、弟のラシーこと、ラスマス・キング「Rasmus King」(8歳)も登場。ラシーも、カイアス同様にスーパーグロムと呼ばれ、カイアスにとって一番のサーフパートナーだそうです。

まさに、10代サーファーにとって夢の様な生活を実現しているカイアス。今後、どこまで夢の階段を登り詰めていくのか楽しみなサーファーです。

カイアス・キングの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

14歳がマシンブレイクのローワーズでやりたい放題:カイアス・キング

初フランスを満喫したスーパーグロム:カイアス・キング

デーン・レイノルズのオーストラリア放浪記inバイロンベイ

バイロンベイ出身スーパーグロムが行くスンバワ島:カイアス・キング

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)