blank

via vimeo

クレイジーなチャージをするビッグウェイブサーファーとして知られるアレックス・グレイ「Alex Gray」(33歳)。

プロサーファーと言う顔以外に、アレックスが取り組んでいるのがサーフィンセラピー。

アメリカでは心に傷を負った退役軍人などのセラピーとしてもサーフィンが取り入れられるほど有用性が実証されています。

今回の動画は、アレックス・グレイがサーフィンセラピーを主催する理由や実際のセラピーミーティングの映像をお届けします。


スポンサーリンク


17歳の時、兄のクリスを失った経験を持つアレックス。死因はドラッグのオーバードース(過剰摂取)でした。

当時のアレックスは喪失感にさいなまれ、その経験を持つからこそスタートさせることになったサーフィンセラピー「Agray Surf Therapy」。

具体的には愛するものを失った人たちでビーチに集まり、互いのストーリーをシェアしたり、一緒にサーフィンすることで悲しみを乗り越え、人生の意義を見出さそうという内容。

サーフィンセラピーに加え、現在のアレックスは自身の経験をシェアするため、高校などへ講演会に行ったりという活動も行っているそうです。

自身の経験やこれまでの人生で学んだ教訓をシェアしたりと、サーファーの枠を超えた活動にも従事しているアレックス。

人それぞれ経験や学びは異なるので、素晴らしい活動ではないでしょうか。

アレックス・グレイの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事