みんな持ってるスマホのみで撮影!どれほどのスケート動画が撮影できたのか?

シェア(記事を気に入ればお願いします)

スケート 撮影 iPhone

一昔前とは異なり、高機能でありながら比較的安価な撮影機材が増えているため、手軽に取り組めるようになったアクションスポーツの撮影。アマチュア撮影であっても、プロに劣らないクオリティの作品を作る人もいますし。

サーフィン撮影において、個人が撮影する上でゲームチェンジャーとなったと考えられるのは3点。サーファー目線の自撮りを可能にした「GoPro(ゴープロ)」。手軽な空撮を可能にした「Drone(ドローン)」。ビーチからの自動追尾撮影を可能にした「SOLOSHOT(ソロショット)」。

サーフィン撮影は大きく変化していますが、スケートボードの世界も負けてはいません。今回の動画は、スケート撮影において、従来とは異なる手軽なアイテムを使いながらも、素晴らしい作品となった映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回の映像撮影に使用した機材は、今や誰もが持っているスマートフォン。そんなスマホの中で、世界的に人気が高いアップルブランド「iPhone 6」で全編撮影したとのこと。

今では、アップルのみならず、各社が高機能カメラを搭載したスマートフォンを販売していますね。ならば、わざわざ大荷物となる機材を使わず、スマホで撮影しちゃえばいいじゃん、といったノリだったのかもしれません。自撮り棒の普及が、スマホ撮影の一般化に拍車を掛けていますし。

撮影者の一人であるライアン・アレンによると、スマホ撮影のメリットは「機材を詰め込んだバックパックを持ち歩く必要がないから手軽だし、撮影後の片付けをしている時に窃盗に狙われるってリスクもなくなった」とのこと。

言われなければ、スマホで撮影した映像とは分からない今回の動画。是非ともチェックして、撮影にトライしてみてはいかがでしょうか。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)