• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

Mark Visser Paddle Power

ラインナップでセットが入ってくるのが見え、乗ろうと思ってパドルでポジションを移動したものの、あと一歩でボードが走り出さずに逃してしまうことってありますよね。

今回の動画は、そんなあと一歩という悔しい思いをした経験があるサーファー必見となる、波に乗る時に必要となる爆発力のあるパドルパワーを生み出す方法を説明する映像をお届けします。


スポンサーリンク



夢の様なパドルパワーの生み出し方を教えてくれるのは、オーストラリア出身ビッグウェイブサーファーのマーク・ヴィサー「Mark Visser」(32歳)。

パドリングでスピードを出すには、リズムに乗った動作が必須。そこでマークが取り入れたのが、ボクシングの呼吸方法。ボクシングでは、強いパンチを繰り出す時に息を吐くと言います。

この理論をパドリングにも取り入れ、パドルでストロークする度に、息を吐き出すことでリズムに乗るというわけです。

こういった手法は、人によって合う合わないといった場合があります。ただし、ばっちりとハマる可能性もあるので、トライしてみてはいかがでしょうか。

波に乗れる本数が増えれば、それだけ上達のスピードが早くなるのですから。波に乗ってこそのサーフィンですしね。

テクニックの関連記事
  • マット・ウィルキンソン ブローテール バックサイド
    ウィルコが解説するバックサイドのブローテールのメイク方法
  • ベサニー・ハミルトンがどのようにサーフしているのか徹底解剖
  • ジョーディ・スミスから学ぶカーヴィングマニューバ「フロントサイドラップ」
  • <必見>世界初となるBSエアリバース540をアルビー・レイヤーがメイク
  • マイキー・ライトがマックツイストを世界初メイク!サーフィンにおけるエアリアル名とは…
  • サーフボードへのワックスの塗り方!上手く塗れなければベースコートを使う手もアリ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事