スレーターデザインズの新モデル!?ケリーがサイモン・アンダーソンのボードをテストライド

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Kelly Slater shredding Winkipop

今シーズンはスランプと言えるほどWCTイベントのヒートを勝ち上がることのできない11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(44歳)。

2つのイベントを終えた現時点において、1ヒートしか勝ち上がっていないのは驚きの事実です。そんなケリーですが、ベルズビーチの隣に位置するウィンキポップでボードのテストライドを行っていたそうです。

今回の動画は、ケリー・スレーターがサイモン・アンダーソンがシェイプしたボードをテストライドする映像をお届けします。


スポンサーリンク



動画冒頭では「ウィンキポップは好き?」との質問に、「嫌いな奴はいないでしょ。ベルズよりも断然波が良いんだから」と答えるケリー。ケリーは以前から、ベルズはコンディションが急変しやすいからあまり好きじゃないと公言してますね。

また、ウィンキポップの方がショルダーが張るので、ハイパーフォーマンス向けというのが理由でしょう。ただ、イベント会場としてベルズは歴史があるので、コンテストではあまりウィンキポップに浮気できないでしょうが。

さて、ボードの話題に戻すと、ケリーが乗っているのはサイモン・アンダーソン(61歳)がシェイプしたボード。サイモンについて少し触れると、スラスターと呼ばれる今ではスタンダードな3フィンデザインの考案者。

当時、プロサーファー兼シェイパーという人が多かった時代。サイモンもまた、ワールドツアーサーファーでありながらシェイパーで、パワーサーファーであったサイモンは、当時の主流であったツインフィンではルース過ぎてコンテストに勝てなくなります。

そこで1980年終わりにスラスターのプロトタイプを作り、翌年のベルズにスラスターを持ち込むと優勝を果たし、その後は瞬く間にスラスターが一般的になったというわけです。

そんなサイモンのボードに乗っているわけですが、興味深いのは、ケリーのボードにはサイモンのディケールは見当たらず、スレーターデザインズのディケールしかありません。

Simon Anderson Slater Designs

ということは、スレーターデザインズのニューモデルとして調整している可能性が非常に高いです。グレッグ・ウェバー、ダニエル”トモ”トムソンのファーストラインに続く第二弾も非常に楽しみなスレーターデザインズです。

ちなみに、今回の動画を見たら、ベルズビーチではなくウィンキポップでリップカールプロを開催をした方が、ギャラリーにとって見応えがあると感じたのは私だけでしょうか!?



ケリー・スレーターの最近の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ケリー・スレーターが44歳!これまでのダイジェストサーフ動画&伝説を振り返ろう

BWTイベントをスキップしたケリー・スレーターはどこで何をしていたのか?

ケリー・スレーターのボードブランド「スレーターデザインズ」が3モデルをお披露目

ケリー・スレーターがマウイ島(ハワイ)ホノルア・ベイでニューイヤーセッション

<速報>ケリー・スレーターのウェイブプール動画公開!本人ライディング映像付き

ホホジロザメがいても気にせずサーフィン@南アフリカ:ケリー・スレーター