via vimeo

数多くのトップサーファーをライダーに抱えるメジャーサーフボードブランドのCI(Channel Islands)こと、チャネルアイランズ。

リリースされているサーフボードモデルも山ほどあり、どのモデルが自分の求めるサーフィンに合うのか悩んでしまうほど。

そこでパフォーマンスならこの一本でオッケーと言える最新モデル「Happy(ハッピー)」がリリース。

今回の記事は、チャネルアイランズのハッピーのモデル説明や実際のライディング動画をお届けします。


スポンサーリンク


もともとはデーン・レイノルズ向けとして、2年以上の歳月をかけてブリット・メリックが完成させたデザインのハッピー。

最大の特徴は、ディメンションを調整するだけで、どんなコンディションにも対応可能というパフォーマンスモデルという点。

実際にCTサーファーのジークこと、イズキール・ラウは、オアフ島ノースショアのサンセットで開催されたワールドカップではステップアップ版ハッピーを使用して優勝。

サンセットほどのビッグコンディションになることは少ないワールドツアーのアベレージコンディションでも、ハッピーを使用しているそうです。

となると、プロサーファー向けのパフォーマンスボードと思われがちですが、一般サーファーにも乗りやすいパフォーマンスボードだったとのフィードバックを得ているとのこと。

そんなハッピーでのライディング動画では、以下のチームライダーがテストライドしています。

・マイケル・フェブラリー
・パーカー・コフィン
・マイケル・ダンフィー
・レイキー・ピーターソン
・コナー・オレアリー
・コナー・コフィン
・デーン・レイノルズ
・イズキール・ラウ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事