第二のデーン・レイノルズ!?13歳のベンチュラ出身スーパーグロム:ディミトリ・ポーロス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Dimitri Poulos

サーフィンの世界ではよく使われる言葉のグロム(Grom)やグロメット(Grommet)。主に横乗り系のスポーツの中で、16歳以下を指す言葉です。

人によって使い方は曖昧で、20歳未満のサーファー全体を指して使用する人もいますが、グロムイベントになると16歳以下対象が多いですね。

そんなグロムの中でも頭が一つ突き抜けたスーパーグロムと呼ばれる存在がいます。今回の動画は、カリフォルニアのスーパーグロムと呼ばれるディミトリ・ポーロス「Dimitri Poulos」(13歳)のフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



デーン・レイノルズやコナー&パーカーのコフィン兄弟と同じくベンチュラをホームブレイクとするディミトリ。参考にする先輩サーファーといい、周囲にあるワールドクラスのサーフスポットといい、恵まれた環境です。

そんなディミトリをサポートするのはクイックシルバー。昨年2015年には、クイックシルバーのグロムトリップとして、ニカラグアを訪れています。

昨年のディミトリは12歳なので、日本で言う所の小学六年生か中学1年生。そんな年齢にして仕事で海外に飛ぶなんて、普通では考えられないことですが、それがスーパーグロムの証ですね。

さて、今回初めてディミトリのサーフィンを見ましたが、軽いサーフィンではなくレールサーフィンを基調とした本格派でビックリ。同じホームのデーンのような天才肌サーファーとして、台頭してくる可能性が高いのではないでしょうか。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)