• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

2016 Puerto Escondido Challenge

昨日、イエローアラートが発令されたとお届けした2016/2017年シーズンBWT(ビッグウェイブツアー)イベント「プエルト・エスコンディード・チャレンジ(Puerto Escondido Challenge)」。

2016/2017年シーズンBWTイベント「プエルト・エスコンディード・チャレンジ」にイエローアラート

メキシコのプエルト・エスコンディードを会場にした同イベントですが、イベント開催決定となるグリーンアラートが発令されました。

今回の記事は、現時点における波予報、開催日、出場サーファーといったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク



プエルト・エスコンディードの波予報

現在、南太平洋を移動中のストームの影響から、南南西からの長期スウェルが24日(金曜)~25日(土曜)にヒットすると見込まれています。

金曜にサイズアップしてくると予想されているスウェルのサイズは、金曜午前の最大セットはフェイスで30フィート、午後には35~40フィートに達する見込み。

土曜になると、徐々にサイズダウン傾向にあるものの、午前の早い時間帯には最大セットで35フィートほどは残ると考えられます。

イベント開催予定日

BWTコミッショナーのピーター・メルの声明は以下の通り。

「現在チェックしている南太平洋のスウェルが強まっているので、金曜スタートでゴーサインを出したんだ。金曜は風向きと潮回りも良いし、30フィートプラスの波が期待できると考えてる」。

上記の通り、イベントの開催予定日は24日の金曜日の予定。ただし、スウェルの到来が遅れれば、25日(土曜)にずれ込む可能性もあるそうです。

出場サーファー

24名の招待サーファーのみが出場できるBWTイベント。出場サーファーの選出枠は以下の通り。

・2015/2016年シーズンのBWTランキングトップ10
・イベントワイルドカード6名
・BWTワイルドカード3名
・インジュリーワイルドカード1名
ビッグウェイブアワードで「Surfline Men’s Overall Performance Award」に選出されたトップ4

上記に該当するサーファーが出場資格を与えられますが、必ずしも出場するというわけではありません。開催の連絡が72時間前に伝えられるイベントなので。

今回の出場者リストは以下の通りとなっています。

Greg Long (USA)
Makuakai Rothman (HAW)
Billy Kemper (HAW)
Nic Lamb (USA)
Albee Layer (HAW)
Carlos Burle (BRA)
Damien Hobgood (USA)
Cristian Merello (CHL)
Gabriel Villaran (PER)
Trevor Carlson (HAW)
Grant Baker (ZAF)
Jamie Mitchell (AUS)
Kai Lenny (HAW)
Pedro Calado (BRA)
Will Skudin (USA)
Rusty Long (USA)
Koa Rothman (HAW)
Tom Lowe (GRB)
Coco Nogales (MEX)
Oscar Moncada (MEX)
Jose Ramirez (MEX)
Angelo Lozano (MEX)
Rogercin Ramirez Jr. (MEX)
Jimel Corzo (MEX)

まとめ

出場者リストを見ると分かりますが、出場資格のあるシェーン・ドリアンやジョシュ・カーなどが出場しないのは残念ですね。プエルト・エスコンディードは、BWTイベントの中ではピアヒ・チャレンジ同様、バレルになるサーフスポットなので。

パドルインでのビッグバレルコンディションということで、今回最も注目なのはアルビー・レイヤー。先日のレッドブルイベントを巡っては、BWTと少しイザコザのありましたが。

レッドブル主催ビッグウェイブイベントにアルビー・レイヤー欠場!理由は過去のケリーと同じく…

なにはともあれ、ピアヒ(マウイ島ジョーズ)で最もディープなバレルをメイクしたりと、ビッグウェイブにおけるテクニカルな面は、シェーン・ドリアンに並ぶ実力です。

ジョーズ史上最もディープなバレル!エディ欠場のアルビー・レイヤーがエディ当日にメイク

果たして、どのようなコンディションに迎え入れられ、どのようなバトルが繰り広げられるのか非常に楽しみです。

イベント開催時間はスウェルの入り具合によるので確定していないのですが、ドーンパトロール(朝一波チェック)と呼ばれるライブ中継は現地時間の6月24日(金曜)午前7時半(日本時間では24日午後9時半)スタートとなっています。

イベント詳細については、下記リンク先からチェックして下さい。

公式サイト「Puerto Escondido Challenge

プエルト・エスコンディードに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ビッグウェイブに巻かれ続けながらの自撮り@プエルト・エスコンディード

ブラッド・ドンキーによる2週間のトリップ@プエルト・エスコンディード

2014年シーズン最大スウェルのプエルト・エスコンディードでローカルサーファーを追ったドキュメント

ビッグウェイブサーファーが集結したプエルト・エスコンディードでの空撮

  • カリッサ・ムーア マウイプロ
    2015年度ウイメンズWCT最終戦「ターゲット・マウイ・プロ」:最終日ハイライト
  • 2013年度WCTウイメンズno.4:コートニー・コンローグ
  • 2016年WCT第四戦「オイ・リオ・プロ」:三日目ハイライト
  • マット・ウィルキンソンが優勝した2017年CT第5戦「フィジープロ」最終日
  • 2014年度トリプルクラウン第二戦バンズ・ワールド・カップ:三日目ハイライト
  • 2015年度ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:三日目ハイライト~Women's編~

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事