• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

The Right WA Australia

現代ビッグウェイブサーフィンの主流となっているパドルインサーフ。その名の通り、自らのパドリングで大波にチャージするスタイルです。

しかし、ビッグウェイブでのパドルインサーフが可能なのは、あくまでもクリーンコンディションと以前にシェーン・ドリアンが語っていましたね。

パドルインvsトウイン:ビッグウェイブサーフィンの限界は?

今回の動画は、パドルインでは乗れないオーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州のビッグウェイブスポット「ザ・ライト」のビッグバレル映像をお届けします。


スポンサーリンク



パドルインでは乗れないので、ザ・ライトでのサーフスタイルは基本的にジェットスキーで牽引してもらうトウインサーフ。

ちなみに、オーストラリアには数々のビッグウェイブスポットがあります。例を挙げると、ケープ・フィアシップスターン・ブラフカウ・ボミーなど。

しかし、いずれのビッグウェイブスポットもメインはトウインサーフ。そのせいか、世界的に有名なビッグウェイブサーファーがあまりオーストラリアを狙わないのかもしれません。

パドルインでのビッグウェイブサーフィンが現在は主流とあり、ビッグウェイブサーファーが南半球のシーズン中に狙うのは、メキシコのプエルト・エスコンディード、タヒチのチョープー、フィジーのクラウドブレイクなどですから。

さて、今回のザ・ライトのセッションに参加したのは、マーク・マシューズ、ミック・コルベット、ジャリッド・フォスターなど、いつも通り、ローカルやオージーチャージャー。

セッションが行われたのは7月終わりということで、南半球におけるビッグウェイブシーズンの終盤ですね。

ザ・ライトは、スポット名が示すよう、ライトハンダーのスポットですが、2:38~からレフトハンダーの波が登場。こちらは、あまり知られていないザ・ライト近くに位置する「ザ・レフト」だそうです。


ザ・ライトに関する過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ビッグバレルなら世界トップクラスのザ・ライトに2016年ファーストスウェルがヒット

視点を変えた撮影で恐怖心が増すビッグウェイブ@ザ・ライト(西オーストラリア)

西オーストラリアで注目スポット「ザ・ライト」でのインド洋ビッグストームのセッション

タジ&マークによる命がけ撮影フルドキュメント

ビッグウェイブの関連記事
  • 2014年度ビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワードの結果
  • ハレイワではビッグサイズで2016年トリプルクラウン初戦が開催!一方のパイプラインは?
  • ビッグウェイブであわや大惨事!?:マヤ・ガベイラ
  • ダミアン・ホブグッドのビッグウェイブハンティングinチリ
  • パイプマスターズのトライアルイベント翌日のジョーズセッション
  • 2015/2016年シーズン入りしたナザレ@ポルトガルのトウインサーフ動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事