iPhone7などをサーフボードに装着して一定時間サーフしたらどうなる!?

シェア(記事を気に入ればお願いします)

kai-lenny-iphone

先日お届けしたアップル社の最新スマートフォン「iPhone 7」を海に沈めても故障しないのかテストした実験動画。高額端末であり、もしも故障したらと考えたら個人ではなかなか実験できないので、興味深い動画でしたね。

「iPhone 7」の防水機能は海でも通用するのか!?サーファーがチェック

今回の動画は、さらに突っ込んだ内容として、サーフボードのノーズ部分にiPhoneをGoProのようにマウントした状態で一定時間サーフし、故障しないのかテストした映像をお届けします。


スポンサーリンク



実験対象となった機種は、耐水性能の加わった「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の他に、耐水性能のない「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」。

まずは動画からチェックして下さい。

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」は耐水性能がないので、10分間のサーフテストでは予想通り、端末が何も反応しなくなる結果に。「iPhone 6s Plus」は5分で無反応になったとのこと。

続いての「iPhone 7」は、耐水性能があるので少し長めの30分のテスト。テスト後は何の故障もないという結果となっています。

最後は「iPhone 7 Plus」。こちらも30分のテストが行われ、テスト後には音声が聞こえなくなる結果となりました。

結論としては、iPhone最新モデルは「完全防水」ではなく「耐水」なので気を付けようとのこと。サーフィンする時に海にスマホを持っていくサーファーはいないと思いますが、参考にして見て下さい。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)