アドベンチャーやビッグウェイブも詰まったWCTサーファーのレイデイ@2016年ポルトガル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

josh-kerr-nazare

先日お届けしたポルトガルでのワールドツアーイベント期間、WCTサーファーがレイデイ(Layday:コンテストのオフ日)に見せたレッドブルによるフリーサーフ映像。

WCTサーファーによるレイデイのフリーサーフ映像@2016年ポルトガル

今回の動画は、レッドブルによるポルトガルでのフリーサーフ映像の第二弾が公開されたのでお届けします。

今回はWCTサーファーによるハイパフォーマンスサーフィンだけでなく、アドベンチャーやビッグウェイブといった要素も含まれた内容。


スポンサーリンク



スタートはジョーディ・スミスによるハイパフォーマンスサーフィン。その後、エイドリアン”エース”バッカンが、地元オーストラリアの親友と共にポルトガルでサーフアドベンチャーを敢行。

エースが親友と一緒に崖を下った先に広がるビーチには、無人のラインナップが広がっていることに。

続いて、ジャック・フリーストーンとコロヘ・アンディーノによるハイパフォーマンスサーフィン。

ラストは、ジョシュ・カーが登場。インフレータブルベストを着用しているのでもしやと思うと、やはりビッグウェイブチャージ。インフレータブルベストとは、シェーン・ドリアンが考案したインフレータブルウエットスーツの改良版で、今ではビッグウェイブチャージの必須アイテムです。

ビッグウェイブに巻かれても安心!?膨張装置付きウエットスーツ

ジョシュがチャージした場所は、世界的に有名なポルトガルのビッグウェイブスポット「ナザレ」です。ポルトガルイベント期間にナザレが炸裂したのは過去記事の通り。

WCTイベント期間中に2016/2017年シーズン初のビッグスウェルが入ったナザレ(ポルトガル)

現役ワールドツアーサーファーとしては、唯一BWT(ビッグウェイブツアー)イベントに出場して優勝まで果たしているジョシュなので流石ですね。

2015/2016年シーズンBWTイベント「トドス・サントス・チャレンジ」:ハイライト