豪ミュージシャン「フルーム」がケリーのウェイブプールへ!ステフも再訪問で圧巻のバレル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

flume-and-steph-at-surf-ranch

カリフォルニアの内陸に位置し、世界最高峰の人工波と称される11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターによるウェイブプール「サーフ・ランチ(Surf Ranch)」。

現時点では商業施設として建設されてはなく、カリフォルニアのサーフ・ランチはあくまでもプロトタイプ。そのため、招待されたサーファーしか体験することはできず、これまでに公開された動画はどれもプロサーファーによるライディングでした。

今回の動画は、プロサーファーではなく一般サーファーがケリー・スレーターのサーフ・ランチで人工波を体験した映像が公開されたのでお届けします。


スポンサーリンク



カリフォルニアのサーフ・ランチを訪れたのは、オーストラリアの人気ミュージシャンであるハーレー・ストレットン(アーティスト名:フルーム《Flume》)。

このフルームとフルームの仲間に加え、オーストラリアを代表する6×ワールドチャンピオンのステファニー・ギルモアも訪問。ステフはすでにサーフ・ランチを体験しているので、再びの訪問ですね。

ステファニー・ギルモアがケリー・スレーターのウェイブプールでロングバレル

動画では、フルームによるショートボードやボディボードでのライディングが収録。当初は上級者向けのウェイブプールという印象を持っていたサーフ・ランチですが、今回の動画を見ると、マシンウェイブであるため中級サーファーでも十分に楽しめるのではと感じました。

商業施設としての建設が待ち遠しいウェイブプールですが、ウェイブガーデンもスペインでのプロトタイプ公開から、イギリスのスノードニアオープンまでは時間が掛かったので、一般サーファーがサーフ・ランチを楽しめるのは残念ながらまだ先かもしれないですね。

ケリー・スレーターのウェイブプール「サーフ・ランチ」でのテストライド関係の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

トム・カレンもケリーのウェイブプールを体験して「パーフェクト!」と大絶賛

ショートボード復帰から間もないビード・ダービッジがケリーのウェイブプールを体験

ジョシュ・カーがケリー・スレーターのウェイブプールでアーリーウープ

WCTイベント開催!?ケリー・スレーターのウェイブプールをWCTサーファーがテストライド

実際に体験した五十嵐カノアが語るケリー・スレーターのウェイブプール