ジョシュ・カーがインドネシアのバレルをツインフィンで攻めた1セッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

josh-kerr-twin-fin-indo

WCTサーファーとしては唯一BWT(ビッグウェイブツアー)イベントにも参戦しているカージーこと、ジョシュ・カー「Josh Kerr」(32歳)。

WCTランクでは常にランキング上位をキープしているものの優勝経験はありません。しかし、BWTでは2度目の出場となったトドス・サントス(メキシコ)でのイベントで優勝を果たした稀有なキャリアの持ち主。

2015/2016年シーズンBWTイベント「トドス・サントス・チャレンジ」:ハイライト

今回の動画は、ジョシュ・カーがツインフィンに乗ってインドネシアのバレルをメイクしまくる1セッションの映像をお届けします。


スポンサーリンク



近年では、ヘビーウェイブでもツインフィンに乗るアッシャー・ペイシートレン・マーティンと言ったサーファーに負けず劣らず、ツインフィンでバレルを攻めた今回のカージーの動画。

コンテストシーンにおいては、エアリアルサーファーとしてスタートし、現在ではワールドツアーサーファーとして活躍しながらビッグウェイブサーファーとしての顔も見せるカージーらしくボーダーレスですね。

今回の動画で使用しているボードは、スポンサーであるラスティのツインフィンということで、先日紹介したニューモデルだと思います。

ラスティによる2017年モデルの現代版ハイパフォーマンスツインフィン

今回はわずか1セッションでのライディングをまとめた動画とは言うものの、凄い本数のバレルをメイクしています。

最後に、少しサーフィン英語となりますが、日本では一定時間サーフィンすることを「ラウンド」と表現することが多いですね。一方、英語では「セッション」と表現することが多く、今回の場合だと「single session」と表記されています。

ただし、「session」という言葉も少し長いので、SNSなどでは「sesh」と短縮形を使用する場合が多々あります。サーフィンに限定される表現ではないのですが、覚えてみてはいかがでしょうか。

ジョシュ・カーの最近の過去記事は、下記リンクからチェックして下さい。

ジョシュ・カーが解説するアーリーウープのメイク方法

ジョシュ・カーとノア・ディーンのマーガレットリバーでのフリーサーフ動画@2016

ジョシュ・カーがケリー・スレーターのウェイブプールでアーリーウープ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)