• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

海外トリップなどで外国人サーファーとコミュニケーションを取る時、違和感を感じることのあるサーフィン英語。専門用語があることはもちろんですが、一番の理由は英語のように聞こえる和製英語にあるかと思います。

有名な例で言えば、ドルフィンスルー(英語:ダックダイブ)、シーガル(英語:ショートスリーブフルスーツ)、エアリスト(英語:エアリアリスト)。上記は和製英語なので、英語として喋っても意味は通じません。

今回の動画は、ロングボードのシェイピング工程を通じて、各工程の英語表現を学べる映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回の動画では、ボードシェイプの一連の流れに合わせて、実際の工程毎に英語表現が字幕表示されます。

短文で表記される英語字幕は、各工程で行うことを説明しているので基本的には「動詞+名詞」といった形の文章となっています。

動詞が文頭に来ると命令形といったイメージを持つ方もいると思いますが、単純に主語を省略しているだけなので命令形ではありません。

映像と照らし合わせてシェピングに関する英語表現を確認できるので、非常に分かりやすい今回の動画。是非ともチェックして見て下さい。

  • ジャスティン・ビーバーってスケートボードまで上手かったの!?
  • シーズン外れの冬にブレイクした危険度マックスのザ・ウェッジ
  • ドロップインだけでも勘弁してほしいのに・・・
  • Who is JOB 4.0:エピソード4
  • オーストラリアンレグのクイックシルバーチーム(五十嵐カノアなど)の舞台裏動画パート1
  • 一般サーファーのプーピーズが人生最高バレルゲット!「Who is JOB 7.0」エピソード3

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
今作でシリーズ第三弾を迎える人気作品のWho is JOB。タイトル通り、オアフ島ノースショア出身でパイプラインの申し子とも言えるジェイミー...