レジェンドスケーターがシェイプしたボードでテイラー・ノックスがフリーサーフ@メキシコ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーフィン界のリビングレジェンドとして、今なお現役WCTサーファーに劣らぬドライブの効いたレールサーフィンを見せるテイラー・ノックス「Taylor Knox」(45歳)。

そんなテイラーのサーフィンを支えているのが、スケートボード界のレジェンドであり、サーフボードシェイパーでもあるクリス・ボースト(Chris Borst)。

今回の動画は、テイラー・ノックスがメキシコを訪れ、クリス・ボーストのサーフボードでフリーサーフする映像をお届けします。


スポンサーリンク



テイラーのサーフボードと言えばチャネルアイランズのイメージが強かったのですが、今回の動画を見ると、私が気付かなかっただけだと思いますが、今まで目にしたことのないボードのロゴが目に付きました。

そこでテイラーのSNSをチェックして見ると、以下のような投稿がありました。

現在はクリス・ボーストによるボーストデザインズ(Borst Designs)のサーフボードに乗っているようです。

また、ボーストデザインズのサイトを見ると、ハイパフォーマンス向けとなるテイラーのプロモデルまであり、ロゴは戦車でした。

via Borst Designs

重低音が聞こえそうなほどのドライブサーフィンが特徴のテイラーにピッタリですね。

ボーストデザインのサーフボードをチェックしたい方は、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Borst Designs

*テイラー・ノックスの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

テイラー・ノックスがエルニーニョ年のカリフォルニアでフリーサーフ

レールサーフィンが冴えるローワーズなど南カリフォルニア映像:テイラー・ノックス

テイラー・ノックスから学ぶスケートを生かした体勢作り

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)