• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

via Gabriel Medina's Instagram

ワールドツアーではサーファー同様にお馴染みのキャラであったガブリエル・メディナの義理の父親でありコーチであるチャーリーこと、チャールズ・ロドリゲス。

情熱的と言われるブラジリアンらしく、ガブリエルのヒート結果に一喜一憂する姿がライブ映像に頻繁に登場していたので、ご存じの方も多いことでしょう。しかし、昨年のハワイではその姿が見られませんでした。

今回の記事は、チャーリーがWSL(ワールドサーフリーグ)イベントへの参加停止処分になっているとWSLが報じたので、その内容についてお届けします。


スポンサーリンク



WSLによると、昨シーズンのポルトガルでの事件以来、チャーリーのイベント参加停止処分が下されたとのこと。事件については、詳細に関して触れられていません。

事件後にチャーリーはWSL関係各位に謝罪し、ガブリエルも事件究明に協力。その後、チャーリーは参加停止処分を受け入れたと言います(参加停止期間は2016年10月~2017年4月)。

今回の件を受け、チャーリーは以下の表明を行いました。

「昨年10月にポルトガルで起こした自らの行為を後悔しています。シーズンの節目であったことから、馬鹿げた行動に出てしまいました。WSL関係者およびサポーターのみなさまに謝罪致します」。

では、何があったのか!?ポルトガルイベント前の時点で、WCTランク2位に付けていたガブリエル。ランキングトップだったジョンジョン・フローレンスとの差は、わずか2,000ポイント台でした。

つまり、ポルトガルイベントの結果次第では、ガブリエルが二度目のワールドタイトルを獲得するチャンスが十分にありました。ですが、ガブリエルのポルトガルイベントの結果はラウンド3敗退の13位。

その結果に納得がいかず、チャーリーがジャッジに強く詰め寄ったことが原因であると言われていて、WSLによる今回の発表と照らし合わせてみても、おそらく間違いないと思われます。

参照記事:「Charles Rodrigues Suspended from WSL Events

ニュースの関連記事
  • ケリー・スレーター 人工波 ウェイブプール
    <速報>ケリー・スレーターのウェイブプール動画公開!本人ライディング映像付き
  • タマリンド(コスタリカ)の川でサーファーがワニに襲われ片足切断の事故
  • マーガレットリバーイベント直前にイタロ・フェレイラがエアリアルの着地で負傷
  • サリー・フィッツギボンズによるQS6,000イベント「シドニー・インターナショナル・プロ」とは
  • アンドレ・ボタ
    エヴァン・ガイゼルマンを救助したアンドレ・ボタがホノルル市長から表彰
  • ワイメアでパドルアウトできなかったケリー・スレーターが陸では大活躍の人命救助

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事